スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県産:リンゴ

H.T様ご依頼のリンゴは岩手県産。
IMG_20150110_004740.jpg

可食部のみのご指定につき皮・芯を除去して
IMG_20150110_004803.jpg

フープロで粉砕。リンゴはやっぱり赤くなる。
IMG_20150108_004926.jpg

岩手県産リンゴはLB2045の1092分計測にて、Cs合算:検出下限値1.07に対し0.29±0.3bq/kgで不検出。
Result_20150110005235da9.jpg
・・・と思いきや、これはむ・む・むな波形

他の結果と見比べると妙にトゲトゲしているのがお分かりと思います。18時間計測でこんなに暴れるのは初めて。
しかし、こんなに豪勢にPeakが立つはずもなく、よく見ると類似の山谷具合のグループが左から右へと小さくなりながら続いており、なんらか反射が起きた模様だが原因不明。

もっと見てみると605keV付近にピークが当たっており「セシウム134がありましたー」と高めに誤検出しても良さそうだが結果は不検出。うーむ。

LB2045いよいよ故障か! とあれこれ悩みながら他の不検出例と比較してみると、ピークの値自体が低いことを発見。
グラフの縦軸の自動補正のいたずらと気づき、チャネルの具体値を見てみると

ChanComp.jpg

ほぼ同重量・同下限値で不検出だった鎌倉のサツマイモとセシウムにかかわるチャネルの値がほぼ同じ。
値の0.3は若干リンゴの方が若干高い反映かも。

測定器内部処理によってはバックグラウンド値も影響する可能性もありますが、波形の山谷は別として「セシウムを示すガンマ線数は従前例との比較では不検出」となる値。

波形を見れば、再調整・再測定すべきところでしたが、不検出結果だけを見て既に検体は廃棄済み。その後の他の測定では波形は安定しており故障でもない模様。

結果公表を迷いましたが、乱れが散乱の影響であるとすれば他測定所様の参考となるデータの可能性もあり、「波形見ないで検体捨てるなよ!」の反省材料として掲載することとしました。フープロ粉砕で泡を多数含んでもおり、消泡剤が有効であるかも今後の同様例で検討してみたいと思います。

本来、再検査すべきところですが、失敗例として自らへの戒めを含めて報告いたします。 m ( _ _ ) m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なべた

Author:なべた
主に自宅用食材の測定結果を綴っていきます。
生産・流通・消費他、食に関わるすべての皆様と「不検出」を祝いたい。
「測らせず・示させず」こそが風評の元凶!!
皆様の「知って食べたい」想いのお役に立てば幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。